森のなかから*ツレヅレノオト




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
本屋さんで… :: 2009/08/15(Sat)

09トレニア縮小ph
↑トレニアです。(この写真、タテにしたほうがよかった…みたい)いくつか咲き始めました。
ご近所さんより開花が遅いのはなぜ?

ちょっとお疲れモードです。夏バテ?
夏になると、大好きなチョコレートが入らなくなります。
で、脂っこいお肉もNG。
食欲不振がひどくなると、ソーメンとトマトしか入らなくなりますが、
今年は去年ほどの暑さではないので、なんとか食べています。

おとといは、トマトとバジルのスパゲティ(子供たち珍しくお出かけ)、デザートの桃(白鳳)おいしかった~♪
昨日は実家で野菜のてんぷら(ちょっと油に負けそうだったので、腹八分でかえって健康的?)
今日は、出先で、夏野菜のスパゲティ(ごめんなさいm(__)mして、入ってたベーコン残しました)

と、野菜食続いてます。
私的には菜食続くと、胃腸の調子がよくなります。

でも、明日は、ottoの実家でお寿司なので、お魚食べちゃいますが…。

今日はichioの野球もnicolaのバレエもお盆休みだったので、
久々家族で買い物に行きました。

で、買ったのはコレ↓


がんばって、もっと写真上手になりたいな~
なんて思ってますが…。
どうでしょ…。
続きを読む
スポンサーサイト
  1. 本と雑誌
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
雑誌 :: 2009/07/11(Sat)

時計草縮小ph
↑実家の時計草です。

昔大好きで、今も時々読んでいたSTUDIO VOICEが9月号(8/6売)で休刊することになったようです。
雑誌の休刊は事実上は廃刊…ですよね。

本も好きですが、とにかく雑誌好きでした(です)。

小学生の頃から、
「mc Sister」「セブンティーン」「プチ・セブン」「Olive」「MUSIC LIFE」「Rockin'on」「FOOL'S MATE」「AnAn」「ELLE」「マリ・クレール」「マリ・クレール・メゾン(洋書)」「太陽」「STUDIO VOICE」「エル・デコ」「Hanako」「流行通信」「Switch」「芸術新潮」「本の雑誌「Cut」
と、覚えているのはこのくらいですが、もっと、いろいろ買ってたような…。
英国滞在中にずっと読んでた、だぁ~い好きな雑誌もあったのですが、名前覚えてないっ
敢えて伏せさせてもらってる雑誌もありま~す!!

何より、当時はインターネットなんてない時代。海外のアングラ(?)なカルチャー情報やミュージシャン情報については、”雑誌さま”のおかげで、どれだけ勉強になったことか。
知りたい!の欲求も満たしてくれました。

↓こちらは今、よく読んでる雑誌です。
「暮らしの手帖」「天然生活」「ku:nel」
他にも仕事用にいくつか読んでる雑誌はありますが…。

だいぶ、雑誌にお金をつぎ込みましたが、
雑誌作りで食べさせてもらった時期も長かったので、元はとれてる…かな?
女性向けの生活情報誌の編集のお仕事につけたときは、
夢がかなって嬉しかったです。
仕事は大変だったし、理想と現実の違いにも悩んだけど。

あ~でも、こんな”活字派”の私でさえ、いまや、
”グーグルさま””YOU TUBEさま”に頼りっきりで、
STUDIO VOICEからは遠ざかっていました(時々は立ち読みしてたけど)。

ちなみにSTUDIO VOICE on lineは継続するそうです。
でもon lineは見にくい!!
目が悪くなる!!
子供たちのためにも、いい雑誌(?)というか、主義のある雑誌は継続してほしいものです。
  1. 本と雑誌
  2. | trackback:0
  3. | comment:4
09童話発表会(校内) :: 2009/07/10(Fri)

つばめひな縮小ph
↑見えますか~?少し前の写真ですが、つばめの雛たちです。もう巣立ったようです

こちらでは、昨日か、一昨日から蝉が鳴き始めましたよ。
朝顔も毎朝咲いてます。なかなか写真とれませんが…。

         summer4.gif

写真と本文は関係ないです。。。

昨日、小学校で行われた童話発表会を見学に行ってきました。
その日はオープンスクールになってるのです。
私が見たのは低学年の部。
各学年、2名の代表者の発表でした。

1年
「はるかぜ…」すみません、タイトル忘れてしまいました。
「けちくらべ」
2年
「大工とおに六」
「アレクサンダとぜんまいねずみ」
3年
「キャラメルの木」
「月のうさぎ」

みんな、長い文をよく覚えて、発表してました。

nicolaもがんばって発表。
昨年よりは、だいぶ上手でしたが、やっぱり本番では練習ほどの気持ちが込められません。
速度もぐーんと速くなってしまいました。

物語に入り込めば、きっと緊張もなく、忘れる恐怖もなく発表できると思うのですが。
ま、でもこれもいい経験だったと思います。

この6人の中から町の代表一人が選ばれますが、
間違いなく「キャラメルの木」を発表した女の子だと思います。
nicolaでさえ、キャラメル…の彼女が一番上手だったって、最後に言ってたほど群を抜いてました。

ichioはやっぱり今年もちゃ~んと覚えてたけれど、学年代表にも選ばれず。

校長先生が講評でこんなことを言ってらっしゃいました。
「覚えて、みんなの前で発表するということは、自分のことを他の人に伝えることが上手になります」
ふ~む
その一言で、親の私が(!)来年への意欲をかきたてられました。 続きを読む
  1. 本と雑誌
  2. | trackback:0
  3. | comment:4
信さん…映画と本に思う。 :: 2008/10/18(Sat)

雲のない青空縮小ph

秋晴れが続いています!
雲ひとつない空です。
気分も清清しいって言いたいですが、私はひどい秋花粉症。
ブタクサやら稲科の植物やら、ハウスダスト、ダニと何にでも反応。
今年はちょっと寝込むくらいひどいです…。

この前のブログの後で、「信さん」の本を購入し、読みました。
信さん文庫本縮小ph

平山監督も福岡の出身だったんですね…。
監督が本の最後に寄稿されてました。

そしてそこには
「辻内さんは青空フェチである」
って書いてあったんです。

そういうわけで(?)
青空バックに本を撮りたかったのですが、思いっきりハレてます。。。

この前のブログに、ちょうど空のことを書いてて、
で、こっちに青空フェチ、、、云々が出てきたので、
あの秋の空の心配は無用だったなぁ~って感じていました。

でも、撮影日も本当に秋晴れ。
原作者の辻内さんも、きっと大好きな空だったのではないでしょうか?
続きを読む

テーマ:こんな本を読んだ - ジャンル:本・雑誌

  1. 本と雑誌
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
読書感想文 :: 2008/08/21(Thu)

復活しました!
なんとか…。

昨日(正確にはおととい)の朝の、台風よりひどい雷雨の後、こちらの森は涼しくなってきました。
あの嵐は何だったのでしょう?
朝顔のつるを絡ませていた竹が倒れてしまいました。
去年の台風でも大丈夫だったのに。
去年から、立てっぱなしでした^_^;だからかなぁ…。

ところで、忙しすぎて読書の時間なんてほとんどとれない日々ですが、
最近、宮沢賢治の「貝の火」を読みました。
貝の火縮小加工phnew

ichioの読書感想文用に図書館から借りた本です。

私が小学生の頃は、乱読だったなぁ~と思います。
どんな種類の本でも読んだし、漫画も雑誌も読んでました。

中学の頃入り込んでいたのは、三島由紀夫でした。
あの美しい日本語から出来るmishima worldに憧れたものです。
三島を知ったおかげで、私の興味はいろんな世界に広がり、
日本の国のよさにも気付きました。
そして同性愛者への偏見もなくなりました(>_<)

その後、外国ものに流れ、
ビートの本とか読み始め、
これを英語で読んで、ネイティブの感覚で感じたい!!
と、あきらめていた英語の勉強を再開したのでした。

うちの子供たちも本は大好きで何でも読みます。
でも、感想文がうまく書けません。
いいこと感じてるんだけどね~。
そのまま、感じたことを口で言って、書いて、順番だけ直せばいいのに、
できないんですよね…。
ちなみにichioは去年、感想文で特選をもらいましたが、
だいぶ、私の助力が…。ごめんなさいm(__)m
言い訳ですが、出来る限り本人の力を優先させたから入選したんだと思いますよ。
大人が丸々手伝った感想文じゃあ、先生にばれて、出展しないでしょ。

ちなみに私は、感想文はどんな宿題よりも好きでした。
何度も賞をとったと記憶しています(自力です)。
三島に傾倒していた頃は、
いかに難しくて、美しい漢字や言葉を散りばめて文を書くか…
しかし自然でなければ…
と努力したものです。

その後出版社で記事を書くようになり、
その努力は粉砕しました。
万人向けの記事は、いかにわかりやすいか…
なんですね。
最初に、上司からこっぴどく「ダメ出し」されたこと、
忘れられません。
「こんな、ナルシズムの極致みたいな文、むずがゆくないの?わけわかんないよ。なんか読んでて恥ずかしくなってきた」
ガーーーーン

結婚&出産後、今の職につく前までは、
出版社勤務だったので(あっ少し遊学留学のブランクありますが)、
ずっとずっと、文は分かりやすく…でした。

でも、今、
私はその呪縛から逃れたのです!
だからって、難解な文ばかり書くわけではないですけどね。

子ども独特の、難解な一般的でない感想とか
面白いですよ。
それをなんとか彼らの感想文で世に出してほしいんだけど、
彼らの力じゃ難しいみたいです。

nicolaの感想文は、半分くらい口頭筆記。
それを清書させました。
ichioは今、下書き状態。
どこまで私の手が入ってしまうのか…。
自分でがんばってほしいけど…。

ichioは結局、「貝の火」ではなく、
野球関係の本の感想文を書くそうです。
自分で決めたことはよかったと思っています。

ところで、この「貝の火」
童心社刊で、ユノセイイチさんの画、なんですが、
アマゾンで驚くべき値段で売られてました。
定価1850円が3800円とか4000円です。
違う本なのでしょうか?
写真がなかったので、定かではありませんが。
価値があがってるってこと???

文もいいですが、画もいいです。
色がきれいで…。
欲しいなぁ…。

少し前の携帯小説ブームの頃、
ためしに携帯小説を読んで、
正直「こっぱずかしくて、鳥肌がたってしまいました」
全ての携帯小説がそうではないのでしょうけど…。

最近、童話のほうが、深くて大人向けなんじゃないかって。
もちろんこっちも全ての童話がそうではないけれど。

宮沢賢治
も、子どもの頃読んだのとは違う感覚です。
昔気になっていた、古っぽい言い回しが、今は逆に新鮮だし、
「貝の火」に関しては、
植物やいろんな鳥類が出てくるのが、またいい。
物語に深みを与えている感じがします。
自然の描写も絶妙です。

これを読んで、教訓的なこととかまじめに論じるのはナンセンスだと思います。
そういうことをやってる学校とかあるみたいだけど。
子どもはもっと、率直に感じるから。
間違って感じても、それはその子だからいいと思います。

これって、英語訳もされてるようです。
海外の子どもの感想とかも聞いてみたいです。
まだ、10歳にならない子の感想がきっと面白いだろうなぁ…。
まだ、モラルとかもしっかりしてなくて。

あ~「子どもの感想文書きやさん」の商売できないかな?
もうあるって!?

いまどきの子どもは、そういうサイトから
コピペして感想文を仕上げるんだそうです。
著作権フリー読書感想文
なるページもあるんですよ~。

これを読んでそんなページを検索しないでくださいね。
下手でも自分で書いた感想文がいいんですから。
後で読んだとき、自分の幼さとか無知さを、かわいいなって思えたり、
意外に大人だなって感じたり、
楽しいですよ。

子どものみなさん、自分の感想文は自力で書きましょうね。

大人のみなさん、本を読んだら、手帳にちょこっとでも感想をメモしたらいいですよ。
ブログなら、なおOK。
大人は忘れるから。すぐに。
よく本を読む人は、結末をまず忘れます。
それどころか、その本自体を読んだことすら忘れてしまう場合も。
いい本を覚えていたら、ちょっとしたスピーチにも使えるし、
感想文を後で読むと、自分というものと、その成長を知るきっかけにもなります。

書を捨てず、街に出よう
って感じでしょうか?
  1. 本と雑誌
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
次のページ

Date & Time

mail

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。