森のなかから*ツレヅレノオト




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
阿蘇、追記 :: 2009/09/02(Wed)

ブルーベリー縮小ph
↑今年うちで獲れたブルーベリー。ホントにこれに4、5個プラスしたくらいが全収穫でした。ジャム作れない…。うちの近くの鳥たちって、ほんと遠慮がないわっ

朝しか涼しくないこちらの森です。

今日はどうでもいいこと。

阿蘇行ってリフレッシュはできたのですが~。
その日やたらライダーたちが多かったのですね。
で、山頂近くなったら、もう半端ない。
路肩は全てバイクで埋まってました。
なかには札幌ナンバーのバイクまで。
「最後尾」
「Slow Down」
の看板持ってる人とか、パトカーもやたら出てて…。
なんでも、10年に一度のライダー撮影イベントだったそうで、
3200人ほどが集まった…と後で新聞で読みました。
一生分のバイク見ました。
っていうか、この日阿蘇に行ってなかったら、
一生、こんな数のバイク見ないまま死んでいったと思います。

でもライダーって基本的にマナーいいですよね。
ドライバーより。
快適すいすいドライブの旅ではありませんでしたが、思い出にはなりました。

line18.gif

時々、ブログに関係ない迷惑なコメントが入ってきます。
その対策に、認証番号っていうんですか?
それを取り入れてみました。
承認制にしてるから、認証番号とかしなくてもいいかなぁとは思ったのですが、
これで迷惑コメントが減るかどうか確かめてみたくって。
コメントを下さる方には、少し面倒ですがご了承ください。

*時々、すごく読みにくい認証番号とかありますよね!?
 私は「あってますように!」と願いながら送ることがあります
 数字苦手で…(そういう問題か?)

スポンサーサイト
  1. | trackback:0
  2. | comment:8
気分転換 :: 2009/09/01(Tue)

aso ichio 縮小ph
↑なんだかハイキーな写真でm(__)m中央はichioです!あっ阿蘇山です。

長月ですね。
夜は鈴虫の声(音?)が聞こえ、昼はモズが鳴いてます。
秋なんでしょうか、、、?
朝は涼しくなりましたが、昼間は残暑厳しく、湿度も高く、過ごしづらい日々が続いています。

仕事も雑務も家事も、どれもきちんと終わってはいなかったのですが、
どうしても気分転換に、海か山の空気が吸いたいと思い、阿蘇山の山頂へ行ってきました。

何事もきちっとキリがついてないときのお出かけって、後ろ髪ひかれる感じで、
基本的にしない私ですが、
「違う空気を感じないといけない」と思って、
思い切って何もかも放り出して出かけました。

前回のブログにも書きましたが、本当に食欲も出てきたので、
どこかで食事もしたかったし。

阿蘇山は広いから、他人との距離も保てる…というわけで、
新型インフルエンザの心配もいらないかなって。

実際、どうなんでしょう?薬が不足していないうちにかかったほうがいいのかな?なんて考えたりします。私自身は大丈夫な気がしますが(根拠なく)。子供たちは…。ただ、同居じゃないですが、私には92歳の祖母がいるので、感染は避けたいなと思ってますが。

nicolaは、従妹と遊びに出かけてたので、
自由研究を終わらせた(!)ichioとottoと三人での日帰り旅行でした。
山頂まで行ったものの、ichioは喘息気味なので火口には行かず、
草千里でキャッチボールして(どこにもグローブとボール持参
こんなとこでキャッチボールしてるバカヤツなんて見たことありません)、
気になっていたお店へ行きました。

TienTien外観縮小phTienTien店内縮小ph
ガレット縮小ph野菜プレート縮小ph

阿蘇神社近くのCafe Tien Tienというお店です。
〒869-2612 熊本県阿蘇市一の宮町宮地3204
TEL 080-6406-8133
(11:00-18:00 水曜日と木曜日定休)

できることなら、一人で行きたかった…。
ottoとichioがいたら、ゆっくりできない…。
でも、最後の川沿いの道や、駐車場の入り口の道…。
私には運転できません

洋裁学校だった建物を利用してある趣のあるカフェです。
中にはフランスのアンティークがいい感じで並んでました。
古いものは、ichioも好きなので、昔のコーヒーミルとかジューサーとか
嬉しそうに見てました。

オーナーが素敵な人でした。
気さくで、気遣いがあって、元気で…。
だから、おじ&子連れでも臆することなく入れましたよ。
もう少しお話したかったなぁ…。

ottoとichioはガレット(900円)を、私は野菜プレート(1200円)をたのみました(写真)。
野菜プレートの中の、ペンネにかかってた”辛くないグリーンカレー”のようなソースは茄子だったのでしょうか?クセになりました。
実はここのオーナーさんは、横浜の今井洋子さんというマクロビ料理の先生と親しいそうで、
そのソースは、今井さんのアドバイスをもとにした一品だったようです。
全然関係ないけど、今井さんの料理教室って私が昔住んでいたマンションのすぐ近くみたいで、勝手に親近感

田舎ではマクロビとは名ばかりの料理が、マクロビとして出てたりして驚きますが、
この野菜プレートはほぼマクロビだったと思います。
(メニューにマクロビとは書いてありませんが。ちなみにガレットは違いますよ。チーズや卵が入ってます。)

ピクルス、すっぱかったけど、それもクセになりそうでした。

オーナーさん、わざわざ
「大丈夫?」(口に合うかしら?という意味だと思います)
とichioを気にして、声かけてくださいました。
ichioは、このところ胃があれていて、少食になってたのでした。
口内炎も出来てたし。
でも、口内炎の口でピクルスもだいぶ食べたのですよ!

クレソンが生えてる小川をはさんだお向かいのetu(エツ)さん(古い雑貨、カフェ、ギャラリー)も、
雰囲気があって、よかったです。
昭和の雑貨が懐かしかった~。昔の野球盤ゲームをichioが欲しがってました。

その辺一帯、本当に空気が違っているんです。
阿蘇だから涼しいし…。

違う空気を吸いたかった私にとって、いい一日でした。


続きを読む
  1. | trackback:0
  2. | comment:8
09北海道 阿寒湖~小樽港 :: 2009/08/10(Mon)

五色湖縮小ph

北海道最終日です。
これも予約投稿しています。

阿寒湖を出て、五色湖、五色沼、オンネトーと呼ばれる湖に寄りました(一ヶ所ですよ。言い方がいろいろあるんです)。
正直、観光地化された阿寒湖より、北海道の友人オススメのここのほうがよかったです。私は。アイヌ語で老いた沼or大きな沼だそう(どっちだ?)。

時間や場所によって湖面の色が変わることから五色湖、五色沼と呼ばれているそうです。

ここで、同じ九州のナンバーをつけているバイクのライダーさんに声をかけられました。
久しぶりに見る、そのナンバーはなんだか「なつかしかね!」でした

かなり疲れていたので、正直いつだったかは思い出せないのですが(阿寒湖の行きか帰りだったと思います)、
山道では、野生のキタキツネやシカに遭遇しました。シカは本当に次々!

北海道白野の花縮小ph北海道紫野の花縮小ph
こんな花も群生してました(^.^)多分、左はキタノコギリソウ。右はわかりませんm(__)m

松山千春さんの出身地、足寄や、帯広、夕張などを経由して(主に高速を使い)、
札幌は素通りして、小樽へ向かいました。

思いっきり余談ですが、足寄には「松山千春の家→」っていう看板がありました。
いいの~?人が訪ねてきても…
そういえば、福岡のホークスタウンというショッピングモールの飲食店街の壁に、千春さんので~っかいサインがあるのですが、そこに住所(番地まで)も書かれてるんですよ

やっとこの日に気温が上がり始め、夏らしくなってきました。
ずっと車の中だから、そんなに照らなくていいのに(-_-;)

小樽では、念願の”うに丼”を食べ、
お土産もお店の開いてる時間に間に合い、しっかり買えました。

お土産オルゴール縮小ph

nicolaには私がずっと探していた(北九州にはなかった)バレリーナがクルクル、クルクル回るオルゴール。しかも曲は今必死で独学(?)しているエリーゼのために(まだ、早いから見てあげてないのです
ichioは大好きな”stand by me”のオルゴールをしっかり自分で探し出しました。
ものすごいオルゴールの数で、私は入った瞬間、座り込みたくなったほど。その中からあの疲れた体と頭でよく探したと思います。

お土産じゃがポックル縮小ph

手に入らないだろうと思ってた「じゃがポックル」も、数量限定でしたが、この通り。
確かに、新しい食感でした。

そして、小樽港から舞鶴へ向かうフェリーに乗り込んだのでした。
舞鶴からの悲劇なんて、少しも予感しないまま…(~_~;)
  1. | trackback:0
  2. | comment:2
09北海道 知床~阿寒湖 :: 2009/08/09(Sun)

予約投稿しています。
今日は長崎に向かって黙祷

知床鮭丼縮小ph

層雲峡から知床です
遠いよおおおおおおお!

行けども行けどもたどり着きません

この日は日食の日。
日本中が騒いでるのに(?)私たちは、ただ長い道のりをひたすら走ってました。
しかも、北海道は曇っていて、部分日食も見られません。

知床…北海道の北東端まで行きたかったけど、
途中から通行制限とかで(夏休みで多いから?)、シャトルバスに乗り換えなくちゃいけなく、
そこまでは、あきらめました。

で、知床料理 一休屋さんで食べたのが写真の料理。
うに
はなかったんです~
天気よくなかったから、あまりとれてなかったんでしょうか。

でも、この鮭の”時知らず”て言うんですか?それもおいしかったし、いくらもおいしかったです。

一休屋さんでは、エゾヒグマのポストカードを子供たちに1枚ずついただきました。
よく見てみると、「PHOTO 佐藤正悟(店主)」と書いてあります。
すごーーーい!望遠レンズを使ったとしても、すごく大きな熊なんですよ!

そしてさらに、阿寒湖まで走らなくちゃいけません

途中、
オシンコシンの滝
に立ち寄りました。
アイヌ語で”川下にエゾ松が群生するところ”という意味のオシンコシン。
日本の滝百選にも選ばれた滝だってのは、帰ってから知りました

でも、さすがに、ichioもnicolaも、この滝のほうが、層雲峡の流星と銀河の滝より感動してました。
滝っぽかったもん。

で、駐車場にネコがいたんですが、
このネコ有名なんだそうですね。
これも後から知りました。

またまた、長~い道のりを走り続け、
阿寒湖につきました。

途中、”摩周湖のあいす”
で食べたクレソンのジェラート、おいしかった

やっとその頃、青空が…。

ホテルについて、阿寒湖畔を歩きましたが、
またしても、寒い(ーー;)
楽しみにしていたアイヌコタンも、少し思ってたところとは違って、
しかも寒くて疲れもピークで、お土産を買っただけになってしまいました。

親としては、アイヌ民族について、子供たちに知ってほしかったのですが。

お土産おねだりきつね縮小phたて

かわいい、おねだりをしに来るキタキツネの木彫りと、コロポックルの木彫りの置物を買いました。
この”おねだりきつね”いろんな重ね方ができたり、手でくるくる回せたり、本当にかわいいんです。
ichioとnicolaの名前も彫ってもらい、白樺の木もつけてもらいました。

ホテルでは、バタンキューでした。
みんな疲れてます
明日はいよいよ小樽港までの超長距離ドライブです


  1. | trackback:0
  2. | comment:4
09北海道 砂川~層雲峡 :: 2009/08/08(Sat)

札幌時計台縮小ph
↑窓枠が気に入って撮った写真です。写ってないけどぉ~札幌の時計台の中。
*しかもよく見たら、写真がタテなのにヨコ向いてる~

またちょっと北海道について…。
全日程を書いておきたので…。

お時間ある方はお付合いくださいm(__)m

そういえば、北海道は昨日が七夕。。。
       tana001a.jpg
1ヶ月遅れなんだそうですね…。知らなかった…。

行ったとき、まだ「さくらんぼ狩り」もできたし…。

続きを読む
  1. | trackback:0
  2. | comment:2
次のページ

Date & Time

mail

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。