森のなかから*ツレヅレノオト




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
スカッと爽やかなプレイ :: 2008/10/06(Mon)

ピンクのコスモス
↑なんとか咲いた、ちょびちょびのコスモスです。おじいちゃんの草取り攻撃の生き残り組。ガンバレー!写真はピンクだけですが、白や濃いボルドー色も咲いていますよ。

二日連続でichioの野球の公式戦がありました。
登練習拒否を乗り越え、今では毎回練習に出ているichioですが、
今回私はこの試合を見ていて、なぜ、ichioが練習に行きたがらなかったのか、
そのひとつの理由が分かった気がしました。

ちょっと、今日は辛口ですよ~。

初戦、子供たちは緊張でガチガチ。
ichioは緊張はあまりしないタイプなのですが、覇気がなく精彩も欠いていました。
なぜ???
監督・コーチ、保護者の過干渉です。
緊張はしなくても、自由にのびのびと動けず、ぎこちなかったのでしょう…。
少年野球ってそんなもんなのでしょうか?
でも、相手チームはそれほどでもなかっケド…。

書くと長くなってしまうのですが、
サインを見ろ、ピッチャーを見ろ、走れ、走るな、とまれ、返事のサインをしろ、スライディングしろ、走り抜けろ、バットを短く持て!、
下がれ、前へ出ろ、カバーしろ、相手バッターを見ろ(小柄だから長打はないから守備位置前へ…ということ)、
そして、ベルトがどうだ、ぼうしをとれ、試合に集中しろ、バットが重いから変えろ、
まあ、細かい細かい。

監督が変わって、初めて試合を見に行った私でしたが、
まあ、野球の勉強になったこと…。

でも、公式戦で言うことか?
練習で教えとけよ。

子供たちには自分の意思での試合なんて存在しませんでした。

みんな、ベンチばっかり気にして、見てーーー。
自分で判断できず迷って躊躇。
オドオドしてる。

でも、どんどん点が入るんです。
だって、

守れば、言われたとおりに、必ずワンバウンドで走者を刺そうとし、
塁に出れば、言われたとおりに、盗塁しまくる。
肩の弱い相手チームのキャッチャーは、まったく刺せないから。
延々と走り続ける子供たち。

ちょっとしたミスを、大人が何人も大声でなじる。
だから、ミスしないための試合。
「自分のことろにボールが飛んできませんように!!」
ってみんなが祈ってる。

勝つための試合。
監督の完全プロデュース。
アドリブなし。

つっまんな~い

監督は試合後のミーティングで
「勝って嬉しいだろう!」
と自分が上機嫌。
子供たちは引き気味。

なんか違う

まだ小学生の試合。
たかが、ド田舎の試合。

楽しめよ!野球を!!
みんな野球が好きでやってるんでしょ?
囲いの中だけで試合やってんじゃないよ。

私はichioに
「次の試合は自分の思い通りにやんなさい。監督のサインは参考程度で。今の試合はあんたらしくない。自分が楽しめる、自分らしい試合をしなさい。監督に怒られたら、すいませ~ん!って言えばいい」
と言い残し、帰りました。



続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:少年野球 - ジャンル:スポーツ

  1. 息子ichioのこと
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

Date & Time

mail

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。