森のなかから*ツレヅレノオト




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
家族で休日 :: 2008/10/22(Wed)

コスモス濃いピンク縮小ph

今日は珍しく曇っていますが、昨日まで秋晴れが続いていました。
秋とはいえ、昼間はものすごく暑く、朝方は冷えるので、風邪をひいてる人も多いようです…。

この前の日曜はichioのチームの野球の試合でした。

しかし、ichioは登録選手枠からあぶれてしまいました。
基本的に6年生から選ばれていくんだからしょうがありません。
年長者のなかに入れるほどの実力はないってことでしょう。

それでも応援には行くものだと思っていたら、前夜になって
「応援行くのやめて、練習する」
と言い出しました。
応援に行くことの意味もあるのでしょうが、
私としては、送迎もなくなり”ゆっくり過ごせる”ほうに賛成。
久しぶりに家族で日曜日を一緒に過ごせました。

ichioのバッティング・センター行きに付き合い、
右打席と左打席、半分ずつ交替で打ってる彼を見ていて、ふと思ったのです。
「小学生のスイッチヒッターって少ないよねぇ…」
ottoに聞いてみると、やはり、あまりいないよう。
「打とうと思えば打てるけど、基本は右。ってタイプはいるかもしれないけど…」、だそうです。
全国的にはどうなんでしょう?

ichioは本当にスイッチです。登録するときも”右投げ、左右打”。
バッティングは始めたころから、両方で打っていました(1,2歳の頃は右だったかなぁ)。
右が調子いいときもあれば、左がいいときもありますが、
バッティング・センターでは100キロの球を左右ほぼ同じくらいの率で打ちます。

でもね、
人の倍練習して、人と同じ練習量だってことに気付いたんです、私

そりゃぁ困る。
ただでさえ、時間ないのに。

どっちかにしたら~!?

試合でどっちで打つか?は監督が決めてるのかどうか聞いてみたら、
勝手に自分で決めるんだそうです。
試合でできる数少ない自己主張のひとつになってるんですね。

また、他にあまりいない、ってとこが自尊心をくすぐってもいるんでしょう。

やめないな。

じゃあ、4倍練習か?

話は変わって、
そのバッティング・センターからの帰り道の車の中での話です。

最近、マメにichioたちのチームの練習に付き合ってお手伝い(ノックとか)をしているottoですが、
「○○くんは身長伸びるかも。あそこは、お母さんがかなり高いから」
とか、やたら詳しいのです。私なんか、お母さんがどの人かも知らないのに。というか、○○くん、の名前さえ分からないか…。
「詳しすぎだね」
と私が言うと、
「データくんだからね」
とotto。
そこでichioが
「データくんは、オレだよ。オレのほうが上だね」
それを後部座席で聞いていたnicolaが
「ぜいたくは私でしょ」

一瞬、残り3人freeze。目が点になった後、
データくん…でーたく…ぜいたく
と気付き、爆笑。

本当に家族の中で一番ぜいたくなのがnicola。
爆笑の後で、
「本当だね。ぜいたくはnicolaだね」
と一件落着したのでした。

nicolaはみんなが「データくん」だと話していたことに今も気付いていません。
少し天然ですいや、かなり???

家族で大笑いしたのも久しぶりな気がしました。
スポンサーサイト

テーマ:つぶやき - ジャンル:日記

  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

Date & Time

mail

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。