森のなかから*ツレヅレノオト




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
学習発表会と二分の一成人式 :: 2009/03/01(Sun)

さくらそう縮小ph

子供たちの学習発表会がありました。

この写真の「さくらそう」は校長先生から保護者へのプレゼントです。
毎年、学習発表会の日にくださいます。恒例だと思います。
「いつもお世話になります」
などのネームシールが貼ってあります。
うちは昨年もいただいていて、その種がとんで、小さな花を咲かせていましたが、
校長先生からは立派は大きいものをいただきました。

学習発表会も、正直なれてきて、だいたい毎年、それぞれの学年同じような内容の発表なので、
まあ、軽い気持ちで出かけていたのですが、今年は違いました。

PTAの合唱の発表の伴奏を頼まれてしまったからです。

一応音大のピアノ科を出ているので、伴奏くらいなら(簡単だろう)…と引き受けたのですが、
アンジェラ・アキさんの「手紙」は、そんなに簡単な伴奏ではありませんでした。
それでも、過信していた私は、合わせ練習のときに、ミスしてしまい、急に緊張してきてしまったのです。まあ、でも本番はまあまあでしたが。

手紙楽譜縮小ph


よく考えたら、音大を出たものの、全く音楽とは違う道に進んでしまった私は、伴奏とは言え、人前で演奏するのは卒業以来でした。
子供たちのまえで、伴奏する…なんていうめったにない機会に恵まれ、
終わってしまえばちょっと楽しかったです。

子供たちは、うちの子供も、よその子供も、はきはきと発表できていて、
「えらいな~」
と改めて感動しました。なかには緊張しない子もいるだろうけれど、緊張に押しつぶされてしまいそうなくらい、人前での発表が苦手な子もいると思うから。
自分が伴奏をすることで、そんな気持ちを思い出しました^_^;

そして、ichioの方は学習発表会終了後、学級懇談会があり、その後に二分の一成人式でした。

いつから始まったのでしょうね~。二分の一成人式。私が小学生の頃はなかったぞ。

簡単に説明すると、
子供たちから合奏「♪明日がある」のプレゼントがあり、一人ひとり、親への手紙、あるいはメッセージを発表。親からもお返しの言葉があり、手紙を渡す

というもの。

ichioは人前で自分の気持ちを言うのがものすごく嫌だと以前から言っていたので、
さらっと
「お母さん、産んで育ててくれてありがとう」
だけでした。

大きく分けて二つだそうです。

ものすごく泣いて、感動する。
人前でわざわざ、泣きを演出することないじゃないか。

私は個人がどっちの立場をとろうとかまいませんが、
私としては後者のほうなので、私もさらっと
「人に迷惑だけはかけないで、後はgoing my wayで突き進んでください」
と言いました。

似たもの親子です。

でも、もらった手紙には、いろいろと書いてありましたよ。
私も、長~い手紙を書きました。

生まれたときや、小さいころの出来事(死にそうになった…とか)を発表し、発表する前から泣き出してる親子もいました。それはそれでいいし~。

「長い一日だったなぁ~」
とottoに言ったら、
「昨日よりは短かったよ」

昨日…WBCの見学の日だったので。
スポンサーサイト
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

Date & Time

mail

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。