森のなかから*ツレヅレノオト




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
09童話発表会の本 :: 2009/06/12(Fri)

09童話発表用本集合縮小ph

うちの裏に巣を作ったつばめに、ひなが孵ってました。
巣の下はお掃除た~いへん

今年も童話発表会の時期が近づき、本を選ばないといけない頃になりました。
暗記して童話を発表するイベントです。

まず、日ごろから、本にめぼしをつけておきます。
そして図書館へ行き、ダーーーーーっと本を借ります。
この時、目はつけてなかったけれど、気になる本も借ります。

帰ったら、長さや内容をざっと見て、発表に適するものとそうでないものの取捨選択です。
生き残った本を読んでタイムを測ります。
低学年5分、上学年7分です。
多少のタイムオーバーは文を削ってもいいことになっているので大丈夫です。

子供に好きな本を選んでもらいます。

私が時間にあわせて本の内容を調整します。

ざっとこんな感じで進めている我が家ですが、よそはどうなんででょう?
ここの県だけなのかなぁ…。童話発表会があるのって。
親が大変なイベントです

低学年の子なんて、本選べませんよね~。
高学年だってどうだか…。
親だって、絵本に興味のない方は…

昨年、nicolaのクラスは5分前後の本だったのが数人(それ以外の子は2分とかの短い本)、
その中で全部覚えられたのが5人もいなかったんじゃ?

次の学年で…と、もったいぶって昨年保留していた本「わすれられない おくりもの」を、他の子が選んでしまって、
「今更読みたくない」
というわけで”残念でした”ってこともありました(ichio)。

今年は読もうと決めていた本「ありがとう、フォルカーせんせい」がどこの図書館でも貸し出し中で、
予約は入れたけど、もう間に合わないでしょうね…(ichio)。
(だれか、発表したりして…)

今の時点での第1候補は、
nicola「アレクサンダとぜんまいねずみ」レオ・レオニ
ichio「おじいちゃんがおばけになったわけ」キム・フォップス・オーカソン
ですが…。

アレクサンダは6分30秒以上、おじいちゃんは10分以上かかってるのです。
短かめられるでしょうか…


続きを読む
スポンサーサイト
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

Date & Time

mail

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。