森のなかから*ツレヅレノオト




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
六花亭のお菓子 :: 2009/08/11(Tue)

お土産六花亭縮小ph

阿寒湖→小樽の通り道に帯広があったのに、
六花亭の帯広本店には寄れませんでした。

小樽の六花亭でいろいろ買ったのですが、写真は2ミリの薄さのチョコ、
「マンス・ショコラ」
です。上はキャラメル味、下はノワール。
私は、ブラックコーヒーのお供にいただいてます

nicolaは、キャラメルは甘くってノワールは苦いから、
両方いっぺんに口に入れるといいって言ってました。

六花亭といえば「マルセイバターサンド」。
東京で働いている頃、よくお土産にいただいたものです。
その頃からファンでした。

ottoとの結婚式の引き菓子に六花亭の生チョコ「大地」を選んだほど。

北海道ならではの形やネーミングのお菓子は、アイディアですよね。

「十三戸」は帯広の開拓に入植した世帯が13世帯だったことから。
鍋をかたどった最中「ひとつ鍋」…かわいい形です。名前は依田勉三が開拓当時に読んだ句に由来してます。
「万作」開拓時、春一番に咲く福寿草は「まず、咲く」がなまって「万作」と呼ばれたそうです。
「サイロ」や「ふくろう」など、形からして北海道!の代表格!?

8月末くらいまでは、
「こぼれ梅シロップ」
も売られています。南高梅のシロップです。
添加物の気になるカキ氷のシロップとしてオススメです。

なんだか、思いっきり六花亭の宣伝のようなブログになってしまいましたが、
そういうんじゃないので、
あしからず
スポンサーサイト
  1. | trackback:0
  2. | comment:4

Date & Time

mail

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。