森のなかから*ツレヅレノオト




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
初挑戦*栗の渋皮煮 :: 2009/10/07(Wed)

栗の渋皮煮縮小ph
↑初挑戦!栗の渋皮煮で~す♪

土日は気持ちい~い秋晴れでしたが、
月曜からまた曇り空(時々小雨)。
そしてなんと、台風が来てるんですね…。もう、時々ぴゅーーーーって突風が吹いています。
なかなか庭の手入れが出来ません。。。

本題に入ります。
ottoの実家には栗の大木がいくつもあります。
義父が毎年栗を拾ってきてくれるのですが、
今までは、なかなか渋皮煮まで挑戦できずにいました。

でも、今年、ottoが
「栗くり坊主」


を買ってきたので、思い切って作ることにしました。
写真は諏訪田製作所のですが、ottoが買ってきたのはパール金属の「ニュー栗くり坊主」です。
これ、いいですよ~。手が痛くならないし、慣れてくると素早く剥けます。

私の実家では、母や祖母が渋皮煮を作ってくれた記憶はありません。
「栗きんとん」派だったのかなぁ~?
というわけで、クックパッドで検索しました。

(@_@)
レシピありすぎです。

悩んだときにはシンプルに

というのが私のやり方。
材料が最小限なのを選びました。
で、"一日置きます"
とかができるだけないもの。
一日経ったら、やる気を維持できない私です…。

晴れて採用させていただいたレシピはコチラ↓です。月草さん のレシピです。

栗の渋皮煮

月草さん、ありがとうございます。
レシピに助けられ、大成功でした~♪

砂糖はきび砂糖を使い、栗の量の50%弱にしました。
甘すぎず(って言っても十分甘いです)、栗の風味もちゃんと残ってました。
ほくほく感としっとり感がほどよいバランスで、いくらでもいけそうでした。
シロップは煮詰めすぎて焦がしたけど…(片手間に仕事はじめてしまって~><)。

ちょっとだけ冷凍しましたが、それ以外は子供たちがイッキ食い!!!
すぐになくなってしまいました。
食欲の秋ですね~。

ゆっくり作った、というのもありますが、1kgで5時間くらいかかりました。
ふ~~~。

渋皮煮、
技術はそんなにいらないけど、根気がいりますね。
でも、きんとんよりこっちが好きです、私は❤
もう栗は終わりみたいなので、また来年作ろうと思います。
スポンサーサイト
  1. ウチごはんと手作りおやつ
  2. | trackback:0
  3. | comment:10

Date & Time

mail

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。