森のなかから*ツレヅレノオト




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
陸上記録会 :: 2009/10/02(Fri)

ピンクコスモス0909縮小ph
↑庭では、義父の草取りに負けず生き残ったコスモスが咲いています。

10月ですね~。明日は中秋の名月ですよ~!
ここのところ秋雨でしっとりしています。
でも、昨日の昼間は、晴れ間も出て、
そんななか町の全小学校(って言っても4つ)の陸上記録会がありました。
去年までは5,6年が全員参加でしたが、今年からは4年生も加わりました。


ichioは志願して800m走にエントリー。
正直、珍しいです。
だって、きついから。
6年生の女子なんて誰も走りたがらず、それでも学校から一人は必要だからって
速い子を先生が指名したらしいですが、その子泣いちゃったらしいです。

ottoが、市民マラソンランナーだから、その影響か…。
自分の速さを試したかったのかもしれません(一応学校では一番速いので。6年男子まで含めて)。

これより先は
親バカ話なので、それでもいい方のみお読みください。
記録会1縮小ph

記録会では学年&性別別でした。
ichioは5年。6年男子と一緒に走りたかったみたいですが、それはできませんでした。

写真のトップを走っているのがichioです。
一人だけ"はだし"です(「アベベはフルマラソンをはだしだけんね~」とはichioの弁)。
分かりづらいかもしれませんが、エントリー選手の中で2番目に小柄でした。
っていうか、ichioともう一人の二人だけが、ぐんと背も低く、体格も貧弱でした。

いろんなレース展開を予想していたichio。
同じ野球チームのメンバーで一番仲のいいA君との一騎打ちになるだろう…と言ってました。
先行(先攻)逃げ切りで、最後の周にスパートをかけ、さらに残り50mくらいでラストスパート…
と自分の走りを考えていました。

ほぼ予想通りだったのですが、番狂わせが…。

A君だけでなく、もう一人W君がついてきたのです。
しかも思ったほど2位、3位と差がつかず、ichoは自分のペースがつかめず、速く進んだり、ちょっと緩んだりという、なんだか美しくないレースです(別に美しさは必要ないけど)。
しかも、途中でW君が無意味に(いや、W君には意味があったのでしょうが)追い上げるもんで、
そこでダダダ~~~ッと逃げて、また引き離したりで、乱れたレースでした。

そして最終周。ichioがバカみたいに
「100メートル走じゃないっつうの!」
と言われるくらいのスパートをかけました。
私は
(こんなバカ、ichioしかいないよ。)
と思ったら、
後ろからW君も、バカみたいに(ごめんなさい、W君)追いかけてくるではないですか!

もう、私はカメラそっちのけで、そのレースに注目しました。

その時点で、A君は
「こんな(バカな)ヤツらには、ついていけない」
と思ったかどうかはわかりませんが、自分のペースを守ることにしたようです。
優勝争いはやめてしまいました。
普段から、クールな子です。彼らしいと思いました。

そしてichioとW君。
(このパターンって、それまでの一位がさされるんじゃ?)
と私も含め多くの人がそう思ったらしいです。

でも熱いichioは根性が違いました。
半周、その速度を維持し続け、W君をさらに突き放しました。

W君撃沈

自分で決めたことをきっちり守るichioは
残り50mでさらに、50m走のようなラストスパートをかけ優勝しました。

W君のおかげで楽しいレースが見られました。
きっと、次はW君、リベンジ狙ってくるだろうから、それも楽しみです。

ちなみにichioは思ったほどタイムがよくなく、
「あいつが遅いけん」
と、W君のせいにしてました。
ここがichioらしい、性格極悪なところです。

6年男子の2位に2秒負けていて、
「一緒に走ったら勝ってた」
と負け惜しみ。しかも6年女子の1位と同タイムで、
「最悪。それより速く走らなんだったね(走らないといけなかったね)」。

走ってる最中に、追いかけてくるW君に何度も
「おまえ、ウザっ!」
と言ったそうです。
「性格悪かったと?」
と私。
「いいや、オレの走りのジャマだったけん」
性格悪いのはichioでした。

しかも、大好きで本当に仲のいいA君にさえも、
「ウザっ!」
と1回(?)言ったそうです。

本当に私には理解できないほど性格悪いichioです。
でも、もう慣れてきました。
そして、こんな子って貴重だよな~と思うようになってきました。
勝負に勝つ執念です。
もちろん勝てないこともあります。
実際100m走では、A君に負けています。
それでも、彼は勝ちたいのです。
ichioの辞書には「楽しく走る」なんて言葉はありません。
走り始めたら、どんなに仲のいい友達でも敵でしかないのです。

「Take it easy」
って声をかけることもありますが、
ま、それがichioなんだったら、私はそういう彼を認めてあげるしかないと思っています。


スポンサーサイト
  1. 息子ichioのこと
  2. | trackback:0
  3. | comment:6
<<お月見とお団子 | top | 期待>>


comment

おめでとう!!

ichioくん、すご~いv-424
有言実行だね!
そんなレースに我が子が出場したら、私なんて横断幕持って応援しちゃう。。それこそウザッ!!
いいな~、駿足ってv-410
カッコイイ息子ちゃんをもって幸せじゃんi-264
まあ、うちは駿足でない息子ですが大好きです。← 負けず嫌いなことり…
これからもいっぱい楽しませてもらえるね。
県代表の駅伝選手とかになったら教えてね。
絶対、応援するから。
生きてたらi-274
  1. 2009/10/02(Fri) 17:41:25 |
  2. URL |
  3. kotori50 #-
  4. [ 編集 ]

やったね!

見ごたえたっぷりのレースでしたね!
miekrilさんのハラハラ・ドキドキしながらの応援観戦想像できちゃいますv-81

それにしてもichioちゃん、将来楽しみじゃないですか~
土壇場での負けず嫌い大好きi-178
それでこそ男!

”ウザッ” ”キモッ” は最近若者の流行言葉
親から見ると”なんじゃその言葉~~”って言いたくなるけど
子供達にとっては、それほど大した意味はなさそう
性格悪とは違うよ~

あっ、でもその言葉、もし私に向かって言ったなら
激怒しちゃいそうだけど・・(笑)i-260
  1. 2009/10/03(Sat) 05:44:19 |
  2. URL |
  3. greengoat #-
  4. [ 編集 ]

kotoriさんへ

こんな親ばか記事にコメントありがとうございます。

> そんなレースに我が子が出場したら、私なんて横断幕持って応援しちゃう。。それこそウザッ!!>
いえいえ、ichioはナルシストなので、こういうの(横断幕)だぁ~い好きです❤
カッコイイとは…ちょっと…。親の贔屓目でも言えないです…。
なんていうか、スポ根漫画を見ているような…。目から炎が…のちょっと笑える息子です。

高校になって、都大路を走る時には応援よろしくお願いします(親バカ指数up!)
っていうか、本人は甲子園に出るって言ってるんですけど~i-229
その場合も応援お願いしますね!(さらに指数up!)
kotoriさんちから、そんなに遠くないでしょ。どっちもi-237

ちゃんと長生きしてくださいね!(あと5年くらいですよ。長生きしなくたって大丈夫ですって!)
  1. 2009/10/03(Sat) 10:29:16 |
  2. URL |
  3. miekril #-
  4. [ 編集 ]

greengoatさんへ

greengoatさんも、こんな記事にコメントありがとうございます。

本当に、見ごたえはありました。
他の学年や女子は、まったく競り合ったりとかなかったので、面白くなかったですi-235
私のは激励というよりむしろ叱咤!?
鬼コーチのように、ストップウォッチ持って1周ごとにタイムを言ってやろうかと思いましたが、
競技ルールに違反してるかも…とついチキンになってしまいました。

ichioのは正統派の負けず嫌いではなく、
根性の曲がった負けず嫌いだから、タチが悪いんですけどね~。
ほら、負けたのを他人のせいにしたりするタイプ。
(あまり書くと、いつかichioに読まれたときに怖いから、もうやめますi-237
火事場の○力はあるかなぁ~。タイムで劣ってても、本番では負けたくないから気力で勝っちゃう、みたいな。

”ウザッ” ”キモッ” も度が過ぎると、こっちこそ「うざったいよ!」となりますよね~。
「走りながらそんなセリフはく余裕があるなら、ペース上げたら」って言っておきました。

それにしても激怒したgreengoatさん、見て見た~い。
想像できな~い。
  1. 2009/10/03(Sat) 10:49:20 |
  2. URL |
  3. miekril #-
  4. [ 編集 ]

こんにちは。

ichioくん、凄いですね~。
最近は勝ち負けにこだわらない、妙に冷めているというか、あきらめムードの人が多い気がするので、こういう熱い気持ちを持っていることは大切だと思います。
自分もなかなか熱い気持ちになれないので、ichioくんを見習いたいなと思います。
  1. 2009/10/03(Sat) 18:34:44 |
  2. URL |
  3. ぽてとまと #-
  4. [ 編集 ]

ぽてとまとさんへ。

本当にこんな記事にコメントありがとうございます。
恐縮しております。

今、小学校では、勝ち負けをできるだけ分かりにくくしようという傾向があります。
だから、今回のichioの一位も、"学校でみんなの前で褒められた"、なんていうのは全くありませんでした。持久走大会も、1年からずっと一位なんですけど、タイムを記録した記録証はもらえても、一位とは書いてありません。

昔はあまりに勝負にこだわるichioに、「負けてもいいんだよ」と言ったり、
勝っても褒めなかったり、いろいろ考えてやっていたのですが…。
クールな子もいれば熱い子もいる…、
親の私くらい、思いっきり褒めてあげよう!と思いなおしました。

こういう熱い気持ちを持っていることは大切だと思います。>
そう言ってもらえると、嬉しいですi-241
  1. 2009/10/05(Mon) 00:13:23 |
  2. URL |
  3. miekril #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://miekrilmorinote.blog43.fc2.com/tb.php/126-b0ef485e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Date & Time

mail

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。