森のなかから*ツレヅレノオト




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
運動会2010 :: 2010/06/03(Thu)

運動会風景縮小ph
五月晴れの運動会

今年は、nicola3回目、そしてichioにとっては、小学校生活最後の運動会でした。

あれほど
「やらない」
と言ってたのに、応援団、しかも団長になってしまいました。
自ら立候補して…。
全く、どこまで目立ちたいんだか…。
その先に待ってる苦労なんて、予想しないB型です。

私の思いも、胸いっぱいの今回の運動会。
書きたいことがありすぎて、どうしよう…という感じ。
しかも書きたいことは、読んでもらいたい(または、読んでもらってもいい)こととは違っています。
だからまず、記録として残したいので、結果だけ書いて、
ほんの少し(でも超wwwwwwwwwwwwww長いだろうけど)、私の思いを書きたいと思います。


結果

ichio(赤団・団長)
徒競走:1位
技巧走:1位
5,6年全員リレー(アンカー):最下位
応援団演技:同点引き分け(時間:負、演技:勝)

nicola(白団)
徒競走:1位
技巧走:3位
3,4年全員リレー(4番走者):1位←彼女は3年連続でダントツの1位記録を更新中。いつもチームが速いんです。ラッキーガールです。

親バカバカネタですし、愚痴っぽい内容も入ってます。そして長いです。イヤな方はスルーしてください。
紅白対決なのに、兄妹で赤白分かれちゃって、ガーーーーーーーーーンでした。

応援団演技(ichio:赤団)

自分の思い描いていたような演技はできなかったようで、ichioは、
応援合戦のビデオを見たがりません。

それでも、1年生にもできる範囲を必死で考え、
今までにない新しい演技や、郷土に根ざした演技を入れた応援。
得意の空手からインスピレーションをうけた手拍子時の振り、
超緊張しながら、必死に、真剣に、元々小さい声なのに腹から必死で大声を出し、
できる限りの演技を、独特の空気感のなかやり遂げました。
「まじめすぎ」
と私の実父が言ったように、
周りにまで緊張感が伝わり、シーンとする演技でした。

5分に近いほうが勝ち、という時間対決では負けてしまった赤団でしたが、
来賓の演技の評価は赤団でした。結果、同点引き分け。

リレー(5、6年全員リレー、各10人、4チーム)

組み分けの際、もめたり、ゴタゴタがあったいわくつきの種目です。

ichioは、5年間、全員リレーで1位になったことはありません。
一番足が速いので、ほぼ毎年、一番遅い子と同じチームになるからだと思われます。
いくらichioが速いとは言え、一番遅い子をカバーするには及びません。
ボルトでも無理だと思います(あっ、いや。ボルトは50m4.05秒だそうで…。ichioが言ってます。マジ?じゃあ、ボルトならかろうじてカバーできます)。

さらに今年は、同じ赤団を2チームに分ける際、
ichioのチームに一番遅い子と、もう一人、二番遅い子まで、入れられていました。

何度練習しても、ダントツの最下位。
見かねた5年担任が(6年担任じゃありませんよ……)
「差がありすぎ。変えなさい」
運動会の前々日のことでした。
ichio達は1番遅い子を引き受けるから、2番遅い子を赤の他のチームに移動するよう提案。
そのチームのリーダー女子Aは泣き出しました。
彼女の言い分はこうです。
「1位と4位だったら、白と同点にできる。今のままなら、私たちのチームは1位になれる。2番遅い子を入れたら赤が負ける」。

で、結局、ichioもichioのチームのほかのメンバーも、我慢しました。
ダントツの最下位だとわかってのリレーに出場することになったのです。


ichioはその日から、下痢し始めました(メンタル弱い!)。

さあ、リレーが始まりました。
「最下位でいい。一人で残り半周くらい走ることになるんだから、最後までかっこよく走れよ!走りの見本をみんなに見せるつもりで。美しく走れよ」
私はそう言いました。

5年で一番速い子は、ichioに憧れて(?)同じ空手道場に入会したB君です。
その子と、9,10番のバトンリレーです。
「それだけでも幸せじゃ」
私は、そう付け加えました。

そしてなんと、空手の先生も遠くから駆けつけてくれました。
なんて幸せなichio。

奇跡が起きるわけでもなく、
いつもなら、上位のチームがバトン落としたりするのに、それもなく、
予定通り半周くらい3位から離され、最下位でB君からのバトンを受け取ったichio。

燃えてました。火がついたかのように速かったです。
ottoが撮ったビデオに
「ichio君、はやっ、はえwwwwwwww」
という声がずっと入ってたことからも、1位や2位ではなく、ichioのほうが目立ってたようです。

第3コーナーを回るその時、
なんとichioのバトンが空中に…。

何????
いったい何が起きたのか私にはわかりませんでした。
負けをさとって投げたのかと思いました。

ではなくて、
カーブに置いてあったコーンにバトンを持った左手が当たって、バトンが飛んだのです。

バトンを拾ってからのichioは、もう全速力で走る力は持っていませんでした。
スローモーションのように、走るichio。
顔は笑ってるんだか、泣いてるんだか、くしゃくしゃでわかりません。
6年間一度もリレーで一位をとれなかった複雑な思いのこもった、複雑な表情でした。

よく見たら泣いてたんですよ。

一番近くにいた先生が後からottoに教えてくれたそうです。

なぜか、最後に両手を挙げてガッツポーズでゴールしたichio。
しかしichioはまともに立ってられなかったのです。
B君と、もう一人赤の別のチームのアンカーC君(いいとこ、出てくるなぁ~)が
倒れそうなichioを抱きとめました。

そして最下位の旗の下まで行ったとき、
初めてB君と顔を見合わせ、手を握り合ってichioは笑顔を見せました。

事情を知らないお母さんたち、そして一部お父さんも、泣いてました。
そして空手の先生までも涙ぐんだそうです。
事情を知っていた、同じチームの子のお母さんは涙ボロボロ。
「内情知ってるしwwwwww。涙止まらんよwwwwwww。」


「やっぱり主役はichioだったでしょ」
と、私。
「は?何が?それよりお母さん、コーンあそこに置いたらジャマだよね~(苦笑)」
ichioわかってません。。。。。。。

そうそう、赤は5年連続負け続けだったんですね。
でも、私は、ichioが赤になったと聞いたとき、
直感で赤が優勝するって思ったんです。

結果は、同点優勝。

昭和63年以来だそうです。

応援団の解団式で、
「優勝したのは嬉しいけど、完全優勝じゃなかったのは悔しいです。
でも、最後までついてきてくれて、赤団のみんな、ありがとうございました。」
と言ったichio。

正々堂々とであれば、
勝ち、一番にこだわるichioは何も悪くないと私は思います。
「こだわりすぎる」
と1年のときから何かと先生から言われ続けたichioですが、
同点優勝で満足しなかったところは、彼らしいな、と思いました。
ことあるごとにたたかれ続けたichioでしたが、
その個性をこの場で隠さなかったこと、私は誇りに思います。
6年担任は、ichioのセリフに納得いかなかったみたいだけど。

赤のみんな、特に、同じリレーチームのみんなは、
本当にichioに信頼をよせてついてきてくれていました。
バトン落としたichioに文句言った子なんて一人もいなかったし。

やっぱりichioは、小学校最後のこの運動会で
一番の幸せ男だったんじゃないかな?

そしてその母親である私も一番幸せでした。

PTAの地区対抗バック走リレーも優勝したしね!
スポンサーサイト
  1. 息子ichioのこと
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
<<六月にある人を想う | top | 千羽鶴と矯正歯科>>


comment

ヒーロー

ichioちゃん ヒーローなんですね~
応援するお父さんと 熱く語るおかあさんに 私は感動です^^
いいなあ~ 親は子供と一緒に成長するっていいますが
私はいつまでも若いんだ! どうだ^^;(って ここで自慢してどうするの^^;)

みくりるさん gooメールが今 新しくなっていて 時々 うまくダウンロードしない時があります
過去メールも消えそうだし・・・なきそうです
行き違いになってしまって ごめんなさい

ichio君もnicolaちゃんも走りこが早くて 羨ましいです
私はいつも べべ^^; 運動会と遠足はどうやって休もうかばかり考えていました

いい日になって よかったですね~




  1. 2010/06/03(Thu) 14:20:42 |
  2. URL |
  3. 月草 #-
  4. [ 編集 ]

月草さんへ。

月草さん、こんばんは。
こんな独りよがり記事にコメント恐縮しています。ありがとうございます。

運動会…。それなりに足の速い子を持ったんだから、
楽しく応援してパーっとハッピーに終わりたかったです。
いつもちょっとした苦労を抱え込む運命のichioです。
でも来年の小学校の運動会はnicolaだけなので、気が楽です♪

フフフ^^月草さんに負けないくらい、私も若いですよ!
いつまでも子供視点で、子供達の味方だし…。
う~ん、成長してないってことかぁ~。私の場合、自慢できませんね(>_<)

あら~。gooメール、そうなんですね…。
私のメール届きましたか~?
またメールしたほうがよければ、言ってください。

月草さん、ベベって、一番遅いことですよね!?
ウチの辺では、ドベと言います^_^;
遠足も休もうかって考えてたんですかぁ~?
今では、山に登られるのに???

本当に、心にしっかりと刻まれた思い出の一日でした。
  1. 2010/06/07(Mon) 00:40:36 |
  2. URL |
  3. miekril #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://miekrilmorinote.blog43.fc2.com/tb.php/173-381c0f63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Date & Time

mail

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。