森のなかから*ツレヅレノオト




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
Good bye for now :: 2008/08/16(Sat)

bus326.jpg
関西旅行から帰ってきて四日後、Iくんたちがアメリカへ経つ日がやってきました。
(正確にはIくんは、東京でさらに二泊でしたが)。
旅行後すぐにキャンプに出かけていたichioはIくんに会えていませんでした。
最後にお別れを言いたいということで、空港行きのバス停までお見送りです。
(実はIくんは、レンタカー組だったので、バス停にはいませんが)

写真は「read more続きを読む」の後にあります。

ド田舎のバス停が、この人だかりです。
バスの運転手は、
「全員、乗れないぞ~」
とあせったのではないでしょうか?
半分以上は見送りだって、わかったかな?

話は少し変わりますが、

映画監督の押井守さんが、先日テレビ(新作「スカイ・クロラ」を紹介するNHKの特番)、で言っていたのですが、
「人生は基本的につらいことばかり」
って(少し言葉は違うかもしれませんが、そのような内容でした)。
「でも、今自分は人生の二周りめにきて、そんな人生を生きるのも悪いもんじゃないって感じる。それを若い人に伝えていきたい」
だそうで…。




英語キャンプお別れ縮小加工ph

私も本当に同感です。
毎日、毎日、つらいこと、嫌なこと、たっくさんです。
ずっと、心の奥にある、心配事とか気になること…。
なくなる日なんてありません。

でも、
例えば、今回Iくんに会えたことは、
楽しかったし、刺激にもなりました。
見ず知らずだったアメリカの男の子と、1週間うちで一緒に暮らすなんて…。
生きていたから、あったことです。

人生はつらいけど、
いいことも沢山起こります。
ワクワクしたり、ドキドキしたり、幸せだなぁ~って実感したり…。
だから、頑張れるんだと思います。

いろんな人に出会って、
いろんなことを考えて、
いろんな可能性も考えて(夢をもって)、
でも余計な煩悩は捨てて、
自分らしく過ごしていけたら
人生も捨てたもんじゃない
でしょ?

今の生活がおくれることに、
感謝しなければ…。

私からIくんへの最後のお別れの言葉は
「Good bye for now」
でした。
また、会いたいから。

Iくんも

おおきくうなずいて
「Good bye for now. Thank you for everything.」

言葉を超えて通じ合えた気がしました。
でも、言葉を知らないと、そもそも通じ合えない部分もあります。
それが現実かもしれません。

人生を楽しむためには努力も必要ですね。

つらい→頑張る→楽しみ
つらい→楽しみ→頑張る

私が感じる人生の輪廻です。二つの輪廻ができてしまいました。

今日の重要sentence: Good bye for now.(ひとまず、さようなら。/また、会いましょう)
スポンサーサイト
  1. 英語関係
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<バレエ発表会秒読み | top | 戦後63年目のプリン>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://miekrilmorinote.blog43.fc2.com/tb.php/29-2fc8c262
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Date & Time

mail

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。