森のなかから*ツレヅレノオト




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
学校給食の試食 :: 2008/06/07(Sat)

給食縮小写真

今日はnicolaの学級レクレーションで、給食センターに行ってきました。
保護者と子どもでセンターを見学し(衛生上、2階の窓から)、給食についてと食育についてのお話を聞くといった趣向。

写真は今日のメニューで、地元産の米飯、梅干、牛乳、さばの蒲焼、野菜のナムル、ジャガイモといろいろ野菜のうま煮でした。

実は私、兄のichioの時にも、同じレクレーションに参加していて、その時は、ビン牛乳、味つきパン(ココア味の食パンだったような…)、グリンピースのスープ、もう一つのおかずは覚えていないけれど、今日とは違って、わりと洋風のメニューだったと記憶しています。
ichioの時とは栄養士さんが変わっていて、メニューもそうだけど、お話なども違っていて面白かったです。

で、お味のほうは???

私自身が学校で食べていたときと比べたら、ずいぶんおいしくなったと思います。
今日私は思いっきり風邪で熱っぽく、食欲ゼロ。その私が食べて、しっかりと味を感じたってことは、味が濃い?うちが薄いからかなぁ…。マクロビの料理教室では、うちよりはるかに薄味だったケド…。

給食って栄養重視だからか、ものすごい沢山の種類の食材を一つのおかずに入れますよね!?今回で言えば"ジャガイモのうま煮”。ジャガイモ以外に、鶏肉、人参、こんにゃく、あげ、ごぼう、たけのこ等が入ってました。それって素材の味を殺してしまってる気がします。今回のジャガイモも地元産の新ジャガらしく、それって”そのまま蒸して塩だけ!”のほうが正直おいしかったり…。nicolaも蒸したじゃがいもに塩をして、少しバターをのせたものだったら、ものすごく沢山食べてくれるんですが。ま、栄養上それは難しいんでしょうね。

給食費もあがったことだし、世界の食糧難もあるし、子どもたちには残さず食べてほしいものです。

ちなみに超少食のnicolaは、かなり残していました。最初に減らしてもらったんだけどね。。。少し手伝ったけど、私も限界でした。ichioのときは元気だったので、二人分、私が完食しましたが(>_<)
ジェイミー・オリバーが現れてくれたら…。nicolaももっと食べるかなぁ…。栄養士の先生、ジェイミー・オリバー知ってるかなぁ??

そうそう、1965年には日本の食料自給率は70何パーセントかだったという話も今日聞きました。昨日(正確にはおととい)のニュース23では現在の食料自給率は39パーセントって言ってたような…。ウチの周りの畑には、出荷するとコストがかかるからって、そのまま放置され枯れていく野菜が沢山あるのに…。どうしたらうまく回るんでしょうね~。

ま、まずは国内産、地元産を食べましょう。それって流通コストがあまりかからなくて、地球温暖化の防止にも効果があるらしいから。

スポンサーサイト
  1. 娘nicolaのこと
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<バレエ レッスン | top | 童話発表会>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://miekrilmorinote.blog43.fc2.com/tb.php/3-ba22e797
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Date & Time

mail

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。