森のなかから*ツレヅレノオト




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
信さん…映画と本に思う。 :: 2008/10/18(Sat)

雲のない青空縮小ph

秋晴れが続いています!
雲ひとつない空です。
気分も清清しいって言いたいですが、私はひどい秋花粉症。
ブタクサやら稲科の植物やら、ハウスダスト、ダニと何にでも反応。
今年はちょっと寝込むくらいひどいです…。

この前のブログの後で、「信さん」の本を購入し、読みました。
信さん文庫本縮小ph

平山監督も福岡の出身だったんですね…。
監督が本の最後に寄稿されてました。

そしてそこには
「辻内さんは青空フェチである」
って書いてあったんです。

そういうわけで(?)
青空バックに本を撮りたかったのですが、思いっきりハレてます。。。

この前のブログに、ちょうど空のことを書いてて、
で、こっちに青空フェチ、、、云々が出てきたので、
あの秋の空の心配は無用だったなぁ~って感じていました。

でも、撮影日も本当に秋晴れ。
原作者の辻内さんも、きっと大好きな空だったのではないでしょうか?

原作の中にはichioたちの野球シーンはありませんでした。
撮影の内容を今ここに書いてはいけないと思うので、書けませんが、
ちょこちょこっと、原作とは違ってるんですね。

ちなみにピッチャー役の子は、用意された
「西鉄ライオンズ」のキャップをかぶっていたそうです(どこかに残ってたのでしょうか?)。
ichioがうらやましがっていました。
でも原作には、長嶋さんの名前が出てたから、
ichioは対抗してジャイアンツのキャップをかぶってもよかったのでは??

私の子供の頃は、やっぱりジャイアンツのキャップの子が多かったですね…。
長嶋さんより、王選手の時代でしたが。
はい、平山監督や辻内さんより、だいぶ?下の世代ですから^_^;

ichioは、ソフトバンクと
阪神の赤星選手バージョンの「盗」というロゴマークのキャップ、
自分の少年野球チームのキャップに、
沖縄・石垣の八重山商工のキャップ
を愛用しています。
残念ながらジャイアンツは持っていません。

そうそう、原作本ですが、そんなに長い物語ではないので、さらっと読めます。
信さん(石田卓也くん役)と友達のお母さん(小雪さん役)との、微妙な純愛を描いている…
といっていいと思うのですが、全くいやらしい感じはなく、うちではichioも読んでます。

ichioは最近英語の勉強中にshyを間違って「シェー」と読んでしまい、初めて「おそまつくん」を知ったところでした。原作中、信さんが守(小雪の長男)に「おそまつくん」とかの絵を描いてくれる…というくだりがあって、グッドタイミングですごく嬉しそうでした(>_<)

福岡の炭鉱の町といえば、あのリリー・フランキーさんの「東京タワー」にも出てきますが、
リリーさんも同年代ですよね…。辻内さんと。同じ福岡出身で。
あの頃の炭鉱の町って、「柄悪かったのかなぁ~」って正直思うけど、
なんだかものすごく人間くさい感じしますね。
人々が生きてます。一生懸命に。
原作本を読んで、それを感じました。

今私が住んでるこの辺りにも、その流れが少し名残としてあるような、そんな気もします。

そしてichioにも信さん的存在がいるんですよね。
ま、本人がそろそろ「信さん」になってもいいとも思いますが。
物語冒頭の暴れん坊の信さんとはそっくりですが^_^;





スポンサーサイト

テーマ:こんな本を読んだ - ジャンル:本・雑誌

  1. 本と雑誌
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<家族で休日 | top | 初出演!?>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://miekrilmorinote.blog43.fc2.com/tb.php/54-fe62e16b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Date & Time

mail

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。