森のなかから*ツレヅレノオト




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
09童話発表会(校内) :: 2009/07/10(Fri)

つばめひな縮小ph
↑見えますか~?少し前の写真ですが、つばめの雛たちです。もう巣立ったようです

こちらでは、昨日か、一昨日から蝉が鳴き始めましたよ。
朝顔も毎朝咲いてます。なかなか写真とれませんが…。

         summer4.gif

写真と本文は関係ないです。。。

昨日、小学校で行われた童話発表会を見学に行ってきました。
その日はオープンスクールになってるのです。
私が見たのは低学年の部。
各学年、2名の代表者の発表でした。

1年
「はるかぜ…」すみません、タイトル忘れてしまいました。
「けちくらべ」
2年
「大工とおに六」
「アレクサンダとぜんまいねずみ」
3年
「キャラメルの木」
「月のうさぎ」

みんな、長い文をよく覚えて、発表してました。

nicolaもがんばって発表。
昨年よりは、だいぶ上手でしたが、やっぱり本番では練習ほどの気持ちが込められません。
速度もぐーんと速くなってしまいました。

物語に入り込めば、きっと緊張もなく、忘れる恐怖もなく発表できると思うのですが。
ま、でもこれもいい経験だったと思います。

この6人の中から町の代表一人が選ばれますが、
間違いなく「キャラメルの木」を発表した女の子だと思います。
nicolaでさえ、キャラメル…の彼女が一番上手だったって、最後に言ってたほど群を抜いてました。

ichioはやっぱり今年もちゃ~んと覚えてたけれど、学年代表にも選ばれず。

校長先生が講評でこんなことを言ってらっしゃいました。
「覚えて、みんなの前で発表するということは、自分のことを他の人に伝えることが上手になります」
ふ~む
その一言で、親の私が(!)来年への意欲をかきたてられました。
ここからは辛口で~す!
読みたくない人は飛ばしてくださいね。

「キャラメルの木」は戦争に関する思い出を、おばあちゃんが語るシーンがひとつの泣かせる場面です。
そう、いわゆる選ばれやすいジャンルの本なのです。

しかも、1年前からその本を買って練習してたというではありませんか!!!
「月のうさぎ」の子もそう。

さらに、親が見に来ていて(私も行ってるけどさっ)、立ち位置からおじぎの仕方まで後ろから指示してる
自立しないよ
童話発表なのに、とってつけたような身振りをつけてるのも、不自然!
親がやらせたんだろうなぁ~って思ってしまう(ちょびっと鳥肌です)。
せっかく子供らしく、いい声で発表してるのが、私的にはちょっと台無し。

ichioのクラスの選ばれた子二人とも、1年練習組。
だから毎年、同じ子なのか~。しかも、そんなに覚えるのが得意とはいえない子…。
もちろん、本人たちの魅力もあるんでしょうけど。

そんな必要あるのかなぁ…。

選ばれるために???

子供って1年経つと、ものすごく成長するじゃないですか!?
好みも変わるかもしれないし。

その時、子供が好きだと思った本を覚えるほうが、親しみもわくし、ずっとずっと読書好きでいられるって思うのですが…。

気に入った本があったとして、子供が自発的に覚えるのならいいと思いますが。

nicolaのクラスも、もう来年の本を練習してる子がいるらしいです。
それで選ばれなかったとき、子供は挫折を感じるのでは…。
それも人生経験でしょうか?
親のエゴのような気が…。

うちはそんなことさせませんよ。
戦争や障害の本も、わざわざ選びません。
一番、選ばれにくい、翻訳絵本でチャレンジ!!です。ハハハ、これも親のエゴですね。

校長先生がおっしゃられた、
”自分を他人に伝えること”
すなわちコミュニケーションですよね。
それに尽きます。
うちはそのために(選ばれなくてもいいから)来年もがんばってほしいと思います。


スポンサーサイト
  1. 本と雑誌
  2. | trackback:0
  3. | comment:4
<<雑誌 | top | グリーン・セラピー>>


comment

褒めやってね (*^・^*)

頑張ったんだ~v-410
代表に選ばれなくて残念だったね。。
でも自分が納得してるならイイよね。。
その昔、うちの息子はとにかく代表が好きで、なんにでもchallengeしていましたよv-221
英語の暗唱大会も学校代表にまではなれたけど、市内のコンクールでは帰国子女に惨敗i-241
人は挫折をして逞しくなっていくのですi-274
  1. 2009/07/10(Fri) 22:07:22 |
  2. URL |
  3. kotori50 #-
  4. [ 編集 ]

先週、この辺でも、ちっちゃなツバメ達がたくさん飛んでいました。旅立ちの準備だったんでしょうね。

nicolaちゃん、頑張りましたね♪
すごくいい経験ができたのでは・・・

最近は、子供の作文も親が書いたりするって話も聞いたことがあります。少子化で親の肩入れが多くなってきているんでしょうね。
子供が、自分で楽しんで取り組める環境作りだけをしてあげられる親に私はなりたいですi-260
  1. 2009/07/11(Sat) 07:22:56 |
  2. URL |
  3. greengoat #-
  4. [ 編集 ]

kotoriさんへ

実は、終わってすぐにnicolaは私のトコに走ってきたんですね。
「速いよ~読み方…。気持ちも練習の時ほどこもってな~い」
と、つい口から出てしまいましたi-229
しまった~i-237
と思って、ちょびっと褒めておきましたよi-229

すごいすごい、kotoriさんの息子さん。
そのチャレンジ精神もえらいけど、実力もあるとみましたよi-199
  1. 2009/07/12(Sun) 00:13:43 |
  2. URL |
  3. miekril #-
  4. [ 編集 ]

greengoatさんへ

そうらしいですね~i-197

親の力で賞とったりして、自分は出来るんだって勘違いしてしまうと、
後で一番苦労するのは子供なのに…。

子供が自分自身で取り組まないと、自立できなくなっちゃう…i-182
背中をちょこっと押すことは必要だと思いますが。

我が家の子供たちは(特に兄)、ちょっと自立がスローペースで、私もイライラしがちi-229ですが、
必死で”余計な口出し”を抑えてます
  1. 2009/07/12(Sun) 00:26:01 |
  2. URL |
  3. miekril #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://miekrilmorinote.blog43.fc2.com/tb.php/97-cf6cb936
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Date & Time

mail

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。