森のなかから*ツレヅレノオト




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
「西の魔女が死んだ」…に思う :: 2008/07/10(Thu)

西の魔女の文庫本縮小縦位置


手話の先生から借りた「西の魔女が死んだ」読み終えました。
とにかく早く読みたくて、買いに行く時間も惜しいから借りましたが、
文庫で小さいし、なんとなく手元に置いていたい本なので、やっぱり買おうかな?って考えています。
映画は、忙しくて見にいけないだろうなぁ…。
やっぱり手話の先生に、DVDを借りてしまう…予感がしています^_^;

彼女(手話の先生)は私の人生を豊かにしてくれる一人です。
出会えてよかった…。
あの時思い切って、手話の受講の申し込みをしてよかった…とつくづく感じています。

それは直感のようなものでした。
子どもの保育園の役員を請負ってしまったことで、忙しさに押しつぶされそうだった時、
それでも、
「申し込め」
という心の声が消えませんでした。

この本のなかにも、そんな感じのことが書いてあります。
あっ、ちょっぴりネタバレなので、読んでもいい人は続きをどうぞ。 続きを読む
  1. 本と雑誌
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
手話の世界 :: 2008/06/11(Wed)

わたしたち手で話します本表紙縮小ph

昨日の夜もなかなか寝付けず、つらかった~。のどの奥と息道がくっついてる感じがして、呼吸がつらい。二日続けてソファ寝(ベッドだと鼻はつまるし、咳は止まらないし)。肩とかゴッリゴリに凝ってる。フーッ。

いつもなら、友達とウォーキング(という名目のお散歩会議)なんだけど、今日は雨のためNG。
貴重な運動時間逃した~。
でも、散歩とはいえ歩いてたら、また呼吸器やられて悪化してたかも。
雨に感謝!

ところで昨日はネコ温度計を、サイドバーに貼り付けてみた。一歩前進。本当は右側に貼りたかったけど、できなかった。右サイドだけあいてて変だよなぁ…。ま、そのうち。
そして今日はJTrimをダウンロードして写真の加工に挑戦。本の表紙に注目を!

この本は息子ichioが童話発表会用に選んだ本。
これも長いので、縮めないといけなかった。
それでも長い。最短縮はまだやってない…。

実は手話を習っている私。
これだけ手話がメジャーになった今、この本に書いてある一部は、少し???
「知ってるだろ!」ってつっこみを入れたくなってしまう。
でも、自分のことを言うときに、もう知ってる人の間では名前ではなく、その特徴を手話で表現するという場面があって、それは、きっと知らない人も多いのでは…と思った。

私の先生(手話通訳者。すっごい人)が最初そのことを説明してくれたとき、
たとえば、あごが出てる人は、「あごが出てる」という手話をする…。でも、それは決してその人の顔の特徴を笑ってるのではなく、それが聞こえない人たちの世界なんだと教えてくれました。差別的意識は入っていないって。

それっていいなぁ…?
素直に思ったことを言っただけで差別だ!人権だ!って言われてしまう窮屈さ。
これは特にichioが感じているであろうことなんだけど。
不器用な彼は、悪気なく本心を口にして、先生たちからあきれられることが多かった。
特に低学年のとき(幼くて言い方も知らないから、直接的に誰かを責めるようなことを言ってたし)。
そしていつしか、言葉を選ぶようになり、あまり発しなくなってきている(気がする)。

ま、もちろん手話の世界でも、ニックネームに関してがそうなんであって、いろいろ遠慮したりってのはあるんだろうけど。

人を表すのに、その人の特徴を表現するって、アメリカ先住民も日本のアイヌ民族の人たちもそうだったような記憶がある。「Dance with wolves」だったっけ?その映画で見たような…。

私は何かな?
いつもコーヒーばっかり飲んで、寝ているおばさん
なんか変。
コーヒー飲んだら、目が覚めるんじゃ??

ちなみに不器用なichioですが音読は得意分野で、この本も最初からいい感じで読んでくれました。nicolaはとてもかわいらしく感情表現は豊かなんだけど、ボキャ不足が原因か、つまるんだよなぁ…。


  1. 本と雑誌
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
童話発表会 :: 2008/06/05(Thu)

しろいうさぎ…本表紙

子どもたちの通っている小学校では、毎年7月に童話発表会があります。
低学年は5分まで(5分にちかいのがベター)、上学年は7分以内のお話を、自分で(親と)選び、基本的に覚えて発表します。
写真はnicola用に選んだ本「しろいうさぎとくろいうさぎ」(福音館書店)。
少し長かったので、私がパソコンでだいぶ短縮させた原稿を、学校での練習用に持たせました。作者や訳者の方、ごめんなさい(>_<)
いろんな植物が出てくるのがnicolaや私がこの本を気に入ってる理由の一つです。幸せなお話ですし。
そうそう、出てくる植物の写真を見たくって、ネットで調べたら、すごくいいサイトをみつけました。
ここにそのアドレスを書いておきたいのですが、やり方がわかりません。。。
shuさんという方の「ボタニック ガーデン」というホームページです。写真がものすごくきれいでした!
次は、兄のichioの本を探さないといけません。

今日も四苦八苦で写真をアップしました。横向きになってしまい反転させるのに一苦労。
よくわからないまま、「サムネイルで記事を書く」を選択しました。これだと写真をクリックすると少し大きくなるのでしょうか???縮小値もいまひとつわからないままやってます。
リンク先に、素材をお借りしたchai*さんを入れてみました。本当はバナーを貼ったほうがいいのかもしれませんが、やり方わからなくて…。無知の私がいろいろやることでご迷惑をかけていないか心配です。
  1. 本と雑誌
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
前のページ

Date & Time

mail

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。